sponsored link
Main > 撮影テクニック > 子供写真の撮り方テクニック (12)ストーリーのある写真撮影法

子供写真の撮り方テクニック (12)ストーリーのある写真撮影法

IMG_6403.JPG

●ストーリーのある写真はドラマチック
物語が感じられるような写真はすごく印象に残ります。単純に解像度が高いとかピントがあっている以上に見ていて心に残るものです。ぜひとも残したい種類の写真です。

●母親に軽くオコられているシーンが一番良い
子供はすぐにムチャします。それを母親は軽く怒ります。そして子供はなんとなく反省します。このシーンこそ、ストーリーあるシーンです。

子供がムチャしているな(足を汚したり、水で遊びすぎている)と思ったら、すこしほおっておいて、母親が寄ってきたらシャッターチャンス!会話に参加せずに、構図を整えて、5〜10連写ぐらいしておきましょう。
ガクタロ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:撮影テクニック
Comment








Trackback

プロフィール


Author:ガクタロ
3歳と1歳の我が息子を撮り続ける、パパカメラマンです。 カメラ歴3年、現在の愛機はPentax K-7と最愛のレンズ、FA43mm F1.9limitedです!
プロフィールはこちら
3分マスター撮影術はこちら
オススメ機材はこちら

このレンズで撮ってます!

ad

Category

リンクユニット

Entry

Comment

Archives

ランキング参加中です!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Search

Profile